足湯の効用


足湯
風邪や疲れに 疲れているなあ・・だるいなあ・・
そんな時、足湯はどうでしょうか。

お腹をこわしているような風邪の時は、脚湯「膝が隠れるまでのお湯」
呼吸器系の風邪の時は、足湯「踝(くるぶし)が、隠れる程度のお湯」

普段のお風呂より、2度位高い温度(42~45度位)のお湯に、足を4分から6分位入れて温めます。最初の温度より冷めない様に、差し湯(熱めのお湯を時々入れる)をして温度を保つ。

終わったら、足を拭いて、もし、片方が赤く片方が白かったら、白い方の足をもう2分間。
さらに1度温めたお湯の中につけます。
そうすると両足が赤くなるので、再び良く拭いて、水を飲んで寝ます。
(野口晴哉・整体入門より・・文面は、わかりやすいように若干変更しています)

私も、体調の悪い時にやりますが、暖まって眠ると、良く眠れ、結構疲れがとれます。今は専用バケツもあって、便利です。一度、試してみてはどうでしょうか。