腰は身体の要・・しゃがむ

腰は身体の要と書きます。
腰を落としてしゃがむことが、あまりなくなりました。

例えば、 今では、和式トイレを使わない人が増えているようです。
使わないのではなく、使えないという事かもしれません。

先日、ある町の文化交流館のトイレに入ったところ、三つトイレの個室があるのに、一つだけに4人も並んでいました。 他は空いているのに、どうして何だろうと思っていたら、洋式を待っているのですね。

小学生に水泳を教えている整体のお客さんと、話したことが浮かびます。「子供がしゃがめない。」ウンチングスタイルをとらせると、後ろに転んでしまう子が10人に2人はいるという話でした。
「昔は、和式トイレで毎日鍛えられていたのにねえ」と懐かしい話に。

体の不自由さがあると、洋式トイレは便利です。しかし、日本人の暮らしが変わると、その中で鍛えられてきた体の機能や心の育ち方も失われていくようです。

雑巾がけも、しなくなりました。モップで、シューと。

しゃがむことによって、背筋を伸ばし、姿勢をよくして、腰をしっかり保つ。
体の要は腰といわれるように、それがくにゃくにゃしていると、心もしっかりしなくなる。 中心の力のようなもの。

古ければいいということでもないですが、日本人の文化も、理に合っていたなあと思います。