ブログ

サイト管理人のブログです。

名寄から。。。


なよろさんから、嬉しい声を頂きました。

その名の通り、名寄から来てくださっています。

心と体は繋がっている

ゆったりして、体が楽になれば

心も楽に!

有難うございました。


旭川ゆらぎ整体こころでお待ちしています

リセットする力・・・酒井宏樹選手


リセットする力

自信がない

人と比べたり・気にして・いつまでも引きずる

スポーツ選手に限らず、切り替えが大事だと言われますが

なかなか難しい。


世界で活躍している、サッカーの酒井宏樹選手が

弱気で、恥ずかしがりや優柔不断?



強くなるというのは

根性で頑張るということでないのですね。

今までの自分をリセットして、新しい自分に。

日常生活で、すぐできる知恵満載でした。



やっぱり、運を味方につけてる。。。


リセットする力 自然と心が強くなる考え方

Nature and mind become stronger POWER TO RESET

酒井宏樹著  KADOKAWA

夏…シンプル・イズ・ベスト


暑い時に、こんなスッキリした花はいかがでしょうか。

(一輪だけ咲きましたが、名前忘れちゃいました)

そして、部屋の雑巾がけや水撒きをすると、かなり涼しくなります。笑

私は、モノを複雑に考える傾向があり、

それが、高尚なように思っていましたが、大きな間違い。笑

余計なことをして、上手くいかないことがしばしば。。


ビギナーズラックも、シンプルだから、難しく考えないから勝つらしい。

色々やってみると、複雑なことがシンプルに見え始め、

ああそうだったのかと、ちょっと余裕が生まれる。

シンプル・イズ・ベスト!!

汗・熱中症・水はごくごく飲まない

今年は異常なことずくめ。
大雨で、辛い7月でしたが、ようやく暑い夏が北海道にもやってきたようです。

汗をかいたり、冷たい水が欲しくなり、ごくごく飲んでしまいます。

体調管理もとても難しくなっています。

外は暑いのに、建物の中は寒いくらいの温度差があります。身体の皮膚が開いて熱を逃がし、さらに熱を捨てるために身体の水分を利用するのが汗です。
建物に入って温度が下がると熱処理のために、汗が発散されずに引っ込んでしまいます。
この『捨てた水分』が引っ込んでしまうと身体にはとても負担になります。また皮膚も開いているので、いきなりの冷気は一気に身体に入ってしまいます。

そのため、涼しい場所に入ったら、必ずしっかり汗を拭きましょう。
冷気に直接当たらないなど、気をつけて下さいね。

そして、暑い時にごくごく冷たいものを飲むと、滝のように汗になって出てきてしまう。そう言う経験はありませんか。
これは、水分摂取のスピードが速過ぎです。



お腹が急激に冷やされて、水分が身体に取り込まれずに外に出てきてしまっている証拠。 お腹が冷えると
お腹の動きが悪くなる→消化・吸収のチカラが劇的に落ちる
•お腹の働きは副交感神経(リラックス)が支配する→身体が緊張して皮膚も働かなくなる
•お腹が冷える→劇的に抵抗力が落ちて、普段防げるようなウィルスにも侵入される

せっかくの水分補給も飲み方によって、熱に負けてしまいます。『夏バテ』や『夏風邪』『熱中症』を引き起こしやすくなる可能性も否定できません。

だから、水分補給は、一口ずつ飲む
•水も『栄養素』と考えて、少し口にためて唾液と一緒に飲む
•水分量を確保するのにこまめに、定期的に回数を増やす
•天然の塩も一緒にとると熱中症予防にいいですね。

こうすることでお腹に負担をかけすぎないで、水分を摂取できます。いい汗かいて、 短い北海道の夏を楽しみましょう。

地に足を着ける方法

「最近、地に足が着いていないね~。」などと言います。
堅実でなく、ふらふらしているというようなことを指していますが
本当に、地に足が着いていないのです。

肩幅くらいに立って、自分の足やつま先を見てください。
ピタッとついていますか。
浮いているような人もいます。
そうすると、重心も上がるし、不安定ですね。
腰などに負担も来ます。


地に足を着ける方法とは。。
①踵から、つま先にかけて、足の裏全体をじわっ~と着けて歩きます。

②肩幅に足を開いて、両方の足の裏をつま先、外側、踵                 反対の内側、また、つま先と体重をかけて回すようにしていきます。

地に足が着いた気持ちいい感じがわかりますよ。
その後に歩くと、地に着いた歩きができて、楽ち~んで、足も疲れません。

ちょっとした、こんなことで、変わるのが不思議です。
気持ちも安定する感じがするから、心と体って繋がってますね。

ちょっと、試してみてくださいね。。

旭川揺らぎ整体こころ http://www.seitaikokoro.com

 

» 続きを読む